2007年12月02日

ピーター・ギャレット環境大臣

 "Beds Are Burning"などのヒット曲で知られるロックバンドMIDNIGHT OILの元ボーカル、ピーター・ギャレットがオーストラリアの環境大臣になったらしい。オーストラリアで労働党が政権を取ったことは知っていたが、彼が大臣になったことは昨日の新聞を読んでいて初めて知った。

midnightoil2.jpg
オーストラリア史上最凶の大臣?

 昔にも書いた気がするけど、彼は学生時代に政治学を専攻しており、弁護士の資格も持っている。MIDNIGHT OIL時代から社会問題・環境問題に関する発言を多くしており、MIDNIGHT OILの曲の歌詞もそういった彼の姿勢を反映したものとなっている。政界入りした後は従来の攻撃的なスタイルを控え、現実的な発言が目立つようになったらしいけど、大臣となったことでこれまで彼が音楽と政治の場で訴えてきた政策をどう実現するかに注目したいと思う。

 ちなみに、彼は捕鯨問題で日本を痛烈に批判しているので日本にとっては強敵の出現というわけか。

[ 関連エントリ ]
◇今週の1枚:「Diesel and Dust」
posted by SB at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70465619

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。